碑文の英訳文 English text for the monument

 計画当初から「俳句弾圧不忘の碑」には、英訳文を刻むことを考えておりました。お陰様で、碑の会の呼びかけ人であり、ハイク詩人・元米国外交官のアビゲール・フリードマン女史の協力を得て、碑文の英訳文が出来上がりましたのでお知らせします。その下に、日本語文も改めて添付致します(予定文、英訳は直訳ではない)。
「俳句弾圧不忘の碑」が国内だけではなく国外からも注目され、平和・文化への願いや弾圧された俳人達に対する思いの大きなシンボルとなりますように、皆様と共にがんばって参りたいと思います。


Monument to the Victims of the Haiku Persecution Incidents


Between February 14, 1940, and December 6, 1943, at least forty-four haiku poets were arrested in the name of the Public Security Preservation Laws for having composed haiku poems considered critical or satirical of militarism, the war or the political authorities of that time.Thirteen of them served prison sentences without parole. Many endured extremely severe conditions, both physically and morally, while in custody, and some died after being released, from illnesses incurred during their confinement. We vow never to forget their sacrifice and suffering, and never again to accept dictatorial political power. By erecting this monument, we express our hope that peace, respect for human rights, freedom of thought, speech and expression may prevail forever. 


俳句弾圧不忘の碑  (「金子兜太」による揮毫)


一九四〇年(昭和十五年)二月十四日から一九四三年(昭和十八年)十二月六日まで、当時の戦争・軍国主義を批判・風刺した俳句や反体制的な作品を作ったとして、少なくとも四十四人の俳人が治安維持法違反容疑で検挙され、うち十三人が懲役刑を受けました。留置場で心身の苛酷な苦痛を強いられたり、釈放後に病死したりした者もいました。彼らの犠牲と苦難を忘れないことを誓い、再び暗黒政治を許さず、平和、人権擁護、思想・言論・表現の自由を願って之を建立します。


[PR]
by showahaiku | 2017-08-19 10:27 | Comments(0)