「無言館」「信濃デッサン館」「槐多庵」での打ち合わせと吟行会

10月15日(日)、優しい小雨のなか、「碑の会」事務局数名と、全国から集まった協賛者約10名が上田市塩田町に集まり、窪島誠一郎様と打ち合わをせしたり、吟行会・句会を開いたりしました。

改めて、窪島様の深い意志によって建てられた「無言館」弟1館、弟2館、「信濃デッサン館」、「槐多庵」のありがたみを実感し、平和を願う一連の文化施設の近くで「俳句弾圧不忘の碑」を建てる計画の意義を再認識しました。

以下、当日の句と写真を添付します!


鰯雲薄まり溶ける無言館 岡日出子
画学生の夢は遺作に蚯蚓鳴く 大林茂美
終わりなき「ゆるしの心」虫の闇 臼田文子
雨のなか無言館見る案山子かな マブソン青眼

e0375210_21073424.jpg
e0375210_21083812.jpg
e0375210_21091387.jpg


「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」事務局
代表 マブソン 青眼(俳人、比較文学者)
小林 民(俳人、温泉宿主人)池田 充(版画家)
美谷島 眞知子(「信濃デッサン館の会」会員)
事務局住所
380-0845長野市西後町625‐20‐304「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」
電話/ Fax: 026 234 3909 (マブソン)/ 026 933 9353 (小林)/ 090 7634 3340 (池田)
        電子メール showahaiku@yahoo.co.jp  


[PR]
by showahaiku | 2017-10-16 21:09 | Comments(0)