「俳句弾圧不忘の碑」建立に向けての皆様のご協力、ご協賛に心から謝意申し上げます。さて、本日7月1日、「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」の会計中間報告(2017年6月分)を掲載致します。お陰様で本日までのお振込み数は226件にのぼり、差引収支は1,341,125円となりました。目標の250万円の半分超ということで、今まで郵送した「ご協賛のお願い」の書類1269通に加えて、7月中にはさらに約1000通を幅広く郵送する予定です。なるべく早く除幕式ができますように、そしてこの碑が平和・文化・表現の自由のシンボルとなりますように、事務局一同がんばって参ります。今後もご指導、ご支援のほどお願い申しあげます。(次回の会計中間報告は8月1日の掲載を予定しております) 

e0375210_08564716.jpg
e0375210_08572611.jpg
Traduction en francais : La collecte de fonds pour notre projet de Monument aux poetes de haikus persecutés pendant la Seconde Guerre mondiale suit son cours. Apres trois semaines de collecte, aujourd'hui 1er juillet, notre actif s'éleve a 1 341 125 yens (environ 10 000 euros). Il nous manque encore environ 10 000 euros pour batir le monument pres du Memorial Mugonkan a Ueda (préf de Nagano). Nous avons déja envoye 1269 lettres depuis debut juin et prévoyons d'en envoyer 1000 autres au cours du mois de juillet, dans le but d'inaugurer le plus rapidement possible ce monument important en faveur de la paix et de la liberté d'expression.


[PR]
# by showahaiku | 2017-07-01 08:58 | Comments(0)

             「俳句弾圧不忘の碑」建立へのご協賛のお願い

2017年6月上旬から、郵送にて既に約900名の方々へ「俳句弾圧不忘の碑」(正式名)建立に向けての募金資料を送り始めました。本日6月14日をもって、インターネットでもその資料を公開し、一般募金を始めさせて頂きます。以下、 
① 一般説明文 
② 協賛金お振り込みの説明 
③ 呼びかけ人名簿 
を添付致します。
なるべく早い除幕式を目指して、皆様のご協力、ご協賛のほど、お願い申しあげます。

「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」事務局
    代表 マブソン 青眼(俳人、比較文学者)
    小林 民(俳人、温泉宿主人)池田 充(版画家)美谷島 眞知子(「信濃デッサン館の会」会員)
〒380-0845長野市西後町625‐20‐304
showahaiku@yahoo.co.jp
e0375210_20381731.jpg
e0375210_20390077.jpg
e0375210_11300082.jpg


以下、画像①②と同文:  

「俳句弾圧不忘の碑」建立へのご協賛のお願い

 拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 日頃より、文化芸術の向上、発展へのご尽力に心より感謝お礼申し上げます。

 この度、昭和俳句弾圧事件開始八十周年を控え、長野県上田市の「無言館」近辺に「俳句弾圧不忘の碑」を建てたいという機運が有志から立ち上がりました。戦没画学生慰霊美術館「無言館」は、二十年以上にわたり、文化と平和への願いの象徴として親しまれてきた最適の場所と存じます。

 また、碑の題字の揮毫と筆頭呼びかけ人を務めて頂く金子兜太先生は、十五年戦争を直に経験した数少ない俳人の一人でいらっしゃいます。

 ご参考までに、刻まれる予定の碑文(案)を添付致します。

    俳句弾圧不忘の碑 (「金子兜太」による揮毫)
 一九四〇年(昭和十五年)二月十四日から一九四三年(昭和十八年)十二月六日まで、当時の戦争・軍国主義を批判・風刺した俳句や反体制的な作品を作ったとして、計四十四人の俳人が治安維持法違反容疑で検挙され、うち十三人が懲役刑を受けました。留置場で心身の苛酷な苦痛を強いられたり、釈放後に病死したりした者もいました。彼らの犠牲と苦難を忘れないことを誓い、再び暗黒政治を許さず、平和、人権擁護、思想・言論・表現の自由を願って之を建立します。

なお、碑には英訳文と、弾圧された俳人十数名の代表句も刻む予定です。
 つきましては、みなさまからのご支援、ご協力を広く頂戴し、多くの方々からの善意による寄付をもって碑の建立に反映して参りたいと存じます。誠に恐縮ではございますが、みなさまのご賛同、協賛を賜りますよう、お願い申し上げます。
敬具          二〇一七年六月吉日

「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」事務局
代表マブソン 青眼(俳人、比較文学者)
小林 民(俳人、温泉宿主人)池田 充(版画家)
美谷島 眞知子(「信濃デッサン館の会」会員)
事務局住所
〒380-0845長野市西後町625‐20‐304「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」
電話/ Fax: 026 234 3909 (マブソン)
電子メールshowahaiku@yahoo.co.jp  
ホームページ http://showahaiku.exblog.jp/(新聞記事、活動報告、会計報告等随時掲載)

                                                              <協賛金お振り込みの説明>

1、1口2000円
ご負担にならない程度で、口数を決めて頂きますようお願い申し上げます。
 ※協賛者のご芳名は、除幕式の配布物と公式ホームページに掲載させて頂きます(五十音順、口数は不掲載)。
 どちらか、もしくはどちらも掲載をご希望されない場合、郵便振込用紙の通信欄にその旨をお書き下さい。

2、お振り込み先
郵便振込 00560-1-75876 

名義 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」
(ショウワハイクダンアツジケンキネンヒノカイ)
インターネット等を使っての銀行振込の場合:
ゆうちょ銀行  
〇五九(ゼロゴキュウ)店(059) 
口座番号:0075876(当座)
※誠に恐れ入りますが、振込手数料は各自のご負担をお願い致します。

3、お振込み締め切り(第一次)
2017年12月末
※締め切り以降も受付致しますので、よろしくお願い致します。

4、除幕式のお知らせ
除幕式の日時が決まりましたら、公式ホームページ http://showahaiku.exblog.jp/ に掲載致します。
なお、お振り込みの際、用紙の通信欄にご住所を明記して頂いた方には郵送でもお知らせ致します。 


        昭和俳句弾圧事件記念碑の会
事務局 〒380-0845長野市西後町625‐20‐304 電話Fax:026 234 3909   
電子メール:showahaiku@yahoo.co.jp 
ホームページ:http://showahaiku.exblog.jp/

[PR]
# by showahaiku | 2017-06-14 20:39 | Comments(0)

会計中間報告

本日6月1日、「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」会計報告(2017年3月、4月、5月分)を掲載致します。今後、月に一度の掲載予定です。よろしくお願い致します。


e0375210_21273149.jpg
e0375210_21281390.jpg
e0375210_21291214.jpg

[PR]
# by showahaiku | 2017-06-01 21:31 | Comments(0)

本日5月9日、「朝日新聞」英文サイトに、以前の記事「抵抗の俳人ら記憶に ー 碑建立呼びかけ」(「朝日新聞」2017/4/20夕刊初出)の英訳が掲載されました。
深謝!Thanks! 
Here is an article in English about our project of monument to the haiku poets persecuted during WWII,
published in the famous japanese newspaper ASAHI SHIMBUN (English site) May, 9, 2017.
(article originally published in Japanese on April, 20)

French poet to honor wartime haikuists who defied authority

By HWANG CHUL/ Staff Writer

May 9, 2017 at 08:00 JST



NAGANO--Crackdowns on free speech were intensifying, and those who dared to defy the authorities were severely punished.But that oppressive atmosphere did not stop a group of people known for beautiful choices of words from expressing opposition to the war and Japan’s militarism.


These haiku poets also ended up being arrested, and some endured brutal interrogations. The clampdown on the poets did have the effect of silencing their voices of dissent until the end of World War II.

Laurent Mabesoone, a French haikuist who lives in Nagano, is now spearheading a campaign to erect a monument in honor of the courage of the wartime poets.

Mabesoone and other advocates want to pass down to posterity memories of a time when people’s thoughts and words became targets of surveillance.

The catalyst for the project was the reaction to Mabesoone’s own haiku.

At the request of a magazine, Mabesoone, 48, composed a haiku expressing concerns about the impact of the 2011 triple meltdown at the Fukushima No. 1 nuclear plant on his daughter, who was 2 years old at the time.

“On my child’s cheek/ Tears of spring/ And of radiation.”

Mabesoone, who arrived in Japan in 1996 after studying Japanese literature at the University of Paris, specializes in the works of Kobayashi Issa (1763-1827), a luminary haikuist who hailed from Nagano Prefecture.

Mabesoone wrote more haiku on the theme of movements to steer Japan away from nuclear energy. Collections of his poems were published in Japan and France.

But some colleagues in haiku circles criticized the Frenchman for taking up a social subject in his poetry.

“Haiku should not be related to a social issue,” said one critic. “Why does he have to compose haiku concerning nuclear energy even though he was not directly affected by the disaster?” said another.

The criticism led Mabesoone to study the plight of the haikuists who wrote anti-war poems.

They were members of a new school of haikuists who emerged in the 1930s and called for reforming the conventional style of the poetry.

They generally wrote their anti-war haiku after watching war propaganda news programs shown at movie theaters.

Mabesoone’s research found that these poets were also condemned for composing haiku related to war--the most extreme form of a social subject--far from the front lines of battle.

Among their works composed between 1937 and 1939 are:

“Without seeing one’s blood/ The enemy pilot/ Has lost his life” (Kageo Hashi)

“At the door of my class/ They still strike/ Military boots” (Hakubunji Inoue)

“The war/ Was standing there/ Down the hall” (Hakusen Watanabe)

The poets were accused of spreading anti-war sentiment among the public and arrested on suspicion of violating the public security preservation law, according to Mabesoone.

The notorious law was enacted in 1925 with the initial purpose of reining in communist activities.

But authorities repeatedly stretched the interpretation of the law to muzzle citizens, silence free speech and trample freedom of thought. The law was scrapped in 1945, after Japan’s surrender in the war.

Between 1940 and 1943, 44 poets, many in the younger generations, from the new school were arrested.

The haikuists were forced to undergo grueling interrogations to get them to “convert.” Thirteen were handed suspended sentences.

Mabesoone said their defiance led to a change in the history of Japanese haiku.

As Japan’s war effort intensified, poets felt increasing pressure. They came under the direct oversight of the Cabinet bureau controlling free speech before the 1941-45 Pacific War.

As a result, many haikuists ended up composing works glorifying Japan’s militarism.

Mabesoone said that if it wasn’t for the poets who defied authority and composed anti-war works, the reputation of haikuists would have been irreversibly tarnished.

“Their footprints of resistance, however small they were, became a salvation in the history of Japanese haikuists,” he said.

Mabesoone published a collection of anti-war haiku in October under the title, “The Haikus of Japanese Resistance."

In the course of his research, Mabesoone’s desire to build a monument in honor of the anti-war poets grew.

More than 60 haikuists and likeminded people across Japan signed up for the project.

The group plans to erect the monument in 2020, the 80th anniversary of the beginning of the crackdown of the poets, at the latest. It is eyeing a site in the vicinity of the Art Memorial Museum for the Fallen Students in Ueda in the prefecture.

The museum houses a collection of paintings by art students who were killed in battle during the war.

Mabesoone is aware that the initiative comes at a time when the Diet is debating a bill that critics say is designed to “punish people for their thoughts.”

“It is far from my intention to link the memorial project with politics in any way,” he said. “But it is quite clear that we should learn a lesson from the crackdown before and during the war.”

Tota Kaneko, a 97-year-old haikuist who experienced that oppression first-hand, will produce the calligraphy engraved on the monument.

The text on the monument is expected to be read: “We erect this monument to pledge never to forget their sacrifices and sufferings and not to allow a politics of the dark times to visit us again. And we hope for peace, protection of human rights and freedom of thoughts, speech and expression.”



[PR]
# by showahaiku | 2017-05-09 13:14 | Comments(0)

本日をもって「昭和俳句弾圧事件の碑」呼びかけ人名簿が出来上がりましたので、お知らせします。
お陰様で、素晴らしい顔ぶれが揃い、心から御礼申し上げます。

※また、ある呼びかけ人の先生から、「記念碑という表現はやや肯定的ではないか」とのご意見を頂きました。実のところ、辞典や他の碑の前例からみれば”良い出来事”にも”悪い出来事”にも使われますが、最近は”良いもの”というニュアンスが強いかもしれないので、碑の題字には「記念」を使わないことにしました(会の名称はそのままです)。現在、揮毫を務めて頂く金子兜太先生と相談し、題字の最終案を決めて頂いている最中です。決まり次第、またお知らせします。

「昭和俳句弾圧事件の碑」呼びかけ人名簿 

金子 兜太(俳人)
窪島 誠一郎(「無言館」館主、作家)
マブソン 青眼(俳人、比較文学者)

(以下五十音順、敬称略)
安西 篤(俳人)
安斎 育郎(国際平和ミュージアム名誉館長)
池田 澄子(俳人)
石 寒太(俳人)
伊丹 三樹彦(俳人)
宇多 喜代子(俳人)
宇都宮 健児(弁護士、元日弁連会長)
浦野 広明(税理士、日本民主法律家協会副理事長)
榎本 好宏(俳人)
大井 恒行(俳人)
大木 あまり(俳人)
大串 章(俳人)
大串 潤児(現代史学者、信州大学准教授)
大牧 広(俳人)
小崎 哲哉(アートジャーナリスト)
小野 裕三(俳人)
櫂 未知子(俳人)
加藤 多一(童話作家)
川名 大(俳人、俳句史研究家)
河西 志帆(俳人、「信濃デッサン館の会」会員)
岸本 マチ子(俳人)
黒田 杏子(俳人)
小出 裕章(工学者、評論家)
五島 高資(俳人)
小林 秀一(プロボクシング元日本チャンピオン・九条の会会員)
小林 貴子(俳人)
佐怒賀 正美(俳人)
塩野谷 仁(俳人)
ドミニク・シポー(ハイク詩人、フランスハイク協会発起会長)
島田 牙城(俳人)
鈴木 篤(弁護士、「江戸川憲法読む会」代表)
高野 ムツオ(俳人)
高橋 睦郎(詩人、歌人、俳人)
嵩 文彦(俳句作家、詩人)
滝澤 忠義(「層雲」同人)
田島 和生(俳人、評論家)
坪内 稔典(俳人、俳文学者)
寺井 谷子(俳人)
殿岡 駿星(ジャーナリスト、「夢道サロン」代表)
マーティン・トーマス(ドイツ・ケルン大学 俳句史研究家)
仲 寒蟬 (俳人)
中原 道夫(俳人)
中村 晋(俳人)
成澤 孝人(憲法学者、信州大学教授)
仁平 勝(俳人、評論家)
橋本 榮治(俳人)
橋本 直(俳人)
長谷川 櫂(俳人)
ダニエル・ピー(ハイク詩人、「パリ句会」代表)
藤田 真一(俳文学者)
復本 一郎(俳文学者)
アビゲール・フリードマン(元米国外交官、ハイク詩人)
堀切 実(俳文学者)
堀之内 長一(俳人)
松田 ひろむ(俳人)
松林 尚志(俳人、評論家)
松本 猛(安曇野ちひろ美術館常任顧問)
丸山 美沙夫(俳人、新俳句人連盟副会長・長野県支部長)
宮坂 静生(俳人、俳文学者)
望月 たけし(俳人、新俳句人連盟副会長)
矢島 渚男(俳人、俳文学者)
矢羽 勝幸(俳文学者)
山﨑 十生(俳人)
山中 葛子(俳人)
若麻績 敏隆(白蓮坊住職、画家)
渡辺 誠一郎(俳人)      
(以上69名)

       ・・・・・・・・
 弾圧された俳人の作品例(候補)
(呼びかけ人のご意見等を元に選句しました。碑の裏面に刻む予定です)

   降る雪に胸飾られて捕へらる 秋元不死男(東京三)

  憲兵の怒気らんらんと廊は夏 新木瑞夫

  墓標立ち戦場つかのまに移る 石橋辰之助

  我講義軍靴の音にたゝかれたり 井上白文地

  戦争をやめろと叫べない叫びをあげている舞台だ 栗林一石路

  兵隊が征くまつ黒い汽車に乗り 西東三鬼

  出でて耕す囚人に鳥渡りけり 嶋田青峰

  一兵士はしり戦場生れたり 杉村聖林子

  千人針を前にゆゑ知らぬいきどほり 中村三山

  戦闘機ばらのある野に逆立ちぬ 仁智栄坊

  血も見えず敵飛行士の亡せゐたり 波止影夫

  大戦起るこの日のために獄をたまわる 橋本夢道

  徐々に徐々に月下の俘虜として進む 平畑静塔

  ナチの書のみ堆し独逸語かなしむ 古家榧夫

  英霊をかざりぺたんと座る寡婦 細谷源二

  血も草も夕日に沈み兵黙す 三谷昭

  戦争が廊下の奥に立つてゐた 渡辺白泉  

   


「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」事務局
    代表 マブソン 青眼(俳人、比較文学者)
    小林 民(俳人、温泉宿主人)池田 充(版画家)美谷島 眞知子(「信濃デッサン館の会」会員)
〒380-0845長野市西後町625‐20‐304
showahaiku@yahoo.co.jp


[PR]
# by showahaiku | 2017-05-01 00:24 | Comments(0)