人気ブログランキング |

*「檻の会」のお知らせ
毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます

内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)

場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)

時:  毎週第四日曜日14:30~16:30
6月23日、7月28日、8月25日、9月22日、、、)

参加費:1,000円(予約不要)

交通: 行き:13:51(上田駅・上田電鉄)-14:12(塩田町駅)
    14:12(塩田町駅からバス)-14:19(無言館)     
    帰り:16:31(無言館からバス)-16:39(塩田町駅)    
    16:50(塩田町駅・上田電鉄)-17:13(上田駅)
※シャトルバスを使用しない場合、塩田町駅から俳句館までは徒歩約35分。

お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/

*記事、番組、講演、など

・ラジオ番組
SBCラジオ(信越放送)、以下、リンク)
2019年5月19日(日)午後3:00~3:55放送 
【SBCラジオスペシャル「獄窓のレジスタンス~檻の俳句会」】
戦没画学生の作品を展示する上田市の「無言館」の一角に建立された「俳句弾圧不忘の碑」。平和のための「俳句会」が静かに問うものとは。
1年にわたって「檻の俳句館」を取材した番組です。

・対談と映画
e0375210_21465708.png
e0375210_21472917.png
e0375210_10062603.jpg



・「無言館ニュース」2019年春号より、「『檻の俳句館』便り④」↓
e0375210_10444376.jpg

・文学の森刊行「俳句界」2019年4月号
佐高信×マブソン青眼(「檻の俳句館」館主)の対談
(「俳句弾圧不忘の碑」「檻の俳句館」「九条俳句」がテーマ)

e0375210_21354953.jpg
e0375210_21362359.jpg
e0375210_21365600.jpg
e0375210_21372018.jpg
e0375210_21374639.jpg
e0375210_21380719.jpg

・藤原書店刊行「兜太」第2号(2019/3)より
「檻の俳句館」館主・マブソン青眼による挨拶文(「俳句弾圧不忘の碑」などに触れる)
e0375210_21405686.jpg


・毎日新聞出版「俳句あるふぁ」2019年春号
「檻の俳句館」館主・マブソン青眼の小論文。
(明治期から戦中の「俳句弾圧弾圧事件」に至るまでの、俳句表現史)
e0375210_13573797.jpg
e0375210_13580156.jpg
素晴らしいHPが出来ました!音大生の「無言館」ともいえる「声聴館」(東京藝大作成)。日本の戦没学生が作った曲のビデオ・楽譜がここにあり!世界中でコンサート企画を期待します☆絵の「無言館」、俳句の「檻の俳句館」、音楽の「声聴館」で協力しあいたいと思います。 Cette page dédiée aux jeunes compositeurs japonais décédés pendant la Seconde Guerre mondiale, avec toutes les partitions et vidéos en acces libre ! Un peu l'équivalent du Mémorial "Mugonkan" pour les peintres, et du Mémorial "Ori no haikukan" (que je dirige a Ueda) pour les poetes de haikus... Un autre "concert pour la paix" est en prévision...





# by showahaiku | 2019-06-03 13:58 | Comments(0)

本日、第14回「檻の会」は盛大に開かれ、またたくさんの思い出をつくることができました。福島県いわき市から俳人の星野みつ子さんや、長野市から「川中島・九条の会」の皆さん等が見られ、参加者はなんと32人!そして、小諸市からはコカリナ奏者の小山優子さんも起こし頂き、その素朴な音色に合わせて皆で「Amazing Grace」等を熱唱しました☆以下、たくさんあった佳句のセレクション(句会+「平和の俳句」投句箱5月分ー外国の方のハイクも含む!)を添付致します。

e0375210_22223631.jpg

「檻の会」

自画像は我に向かいて胸えぐる  瀧沢ケイ子(長野市)

e0375210_22114822.jpg

メーデーの汗の匂ひや即位の日  奥村和子(長野市)

e0375210_22235051.jpg

檻の意味ここに身をおき納得す  島田千鶴子(長野市)

今もまたわれわれもまた檻の中  鹿山邦夫(長野市)

若葉にてあの子等果てぬ無言館  鈴木啓子(長野市)

棚田から此の世眺むは蟇(ガマガエル)  星野みつ子(いわき市)

e0375210_22275584.jpg
この天然 子や孫からの預かり物  宮澤正光(松本市)

オスプレイ浅間山麓低空飛行  小山優子(小諸市)

鴉二羽くちづけしたる国境線  マブソン青眼(長野市)

地下資源母なる大地内臓だ  山本典子(上田市)

声がする空に向かって芽吹きかな  伝田明子(上田市)


「平和の俳句」投句箱より(五月分)

Uguisucalls.Birds can freely sing their songs.Not wartime poets.

                   IsaShemwell (Australia, Sydney)

e0375210_22285408.jpg
こんなきれいな青葉風に不忘の日  大池美木(富士市)

汝は自由かと問われて胸のつまりしこと  河西茂(埼玉県日高市)

不忘の碑国はどちらを向いているか  河西志帆(上田市)

ねじり花檻に蔵せし抵抗史  後藤雅文(静岡市)

風五月俳句弾圧不忘の碑  武田伸一(市川市)



次会は6月23日(日)、14:30~ です!




# by showahaiku | 2019-05-26 22:33 | Comments(0)

本日、信州・上田の山桜と新緑の上、不思議な「彩雲」が浮かびました。

そのなかで、「檻の俳句館」(「無言館」敷地内)では、第13回月例「檻の会」が開かれ、戦時中に弾圧された俳人・古家榧夫(ふるやかやお)の教え子であり親友でもあった佐野亜蘭さんが、東京からお越し頂きました。感慨深いお話と、貴重な資料(昭和14年刊の古家榧夫句集など)を頂きました。心から謝意申し上げます。

以下、今日の人気句を添付致します。次会は5月26日です!


「平和の俳句」投句箱、4月分より

人類の絶えて海底不忘の碑  斎藤秀雄(福島県岩瀬郡)

e0375210_21355375.jpg
e0375210_21411474.jpg

「檻の会」 2019年4月28日

山桜ポカリポカリと空に彩雲  佐野亜蘭(東京都)

e0375210_21363132.jpg

島囲う原発という檻に住み  宮澤正光(松本市)

e0375210_21374098.jpg

亡国の春吉本に首相出る  奥村和子(長野市)

e0375210_21393852.jpg
e0375210_21422794.jpg


大トロ左翼 ラーメン右翼も花の陰 マブソン青眼(長野市)



e0375210_21402415.jpg


# by showahaiku | 2019-04-28 21:43 | Comments(0)

本日、第12回「檻の会」が「檻の俳句館」(上田市「無言館」敷地内)で開かれました。風花のち晴れという不思議な天象のなかで、「俳句弾圧不忘の碑」裏の梅花は咲き始めていました!

e0375210_21491545.jpg

e0375210_21495101.jpg

「檻の会」(最高点句5句)


還れざる被曝地の民に五輪の火  奥村和子(長野市)


民草や凌ぐ傘なき火焔の土砂降り  宮澤正光(松本市)


e0375210_21510099.jpg


ももとせの茶碗をかこむ平和かな  マブソン青眼(長野市)


e0375210_21513830.jpg

電源の切れた人の和紙風船  臼田文子(佐久市)


フクシマのがんを語りて医師もがん  小野千鶴(長野市)


e0375210_21524417.jpg

「平和の俳句」投句箱より(最高点句4句)


凍土や七十余年傷癒えず  廣川沙映子(東京都)


瘡蓋(かさぶた)は心に痛し不忘の詩  河西茂(埼玉県)


e0375210_21543402.jpg

桃の花パレットに満ち画布白し  余地川不越(佐久穂町)


兜太忌や集う心の血縁者  宮澤正光(松本市)


e0375210_21551634.jpg

*今後の「檻の会」のお知らせ

毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます奮ってのご参加をお待ちしております☆
内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)
場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)
時:  毎週第四日曜日14:30~16:30
月28日、5月26日、、、)
参加費:1,000円(予約不要)
交通: 行き:13:51(上田駅・上田電鉄)-14:12(塩田町駅)    
    帰り:16:50(塩田町駅・上田電鉄)-17:13(上田駅)
※塩田町駅から俳句館までは徒歩約35分。

お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/


# by showahaiku | 2019-03-31 21:58 | Comments(0)


本日2019年2月24日、「俳句弾圧不忘の碑」(上田市「無言館」敷地内)建立1周年記念会で、簡単な式典を行いました。

碑の揮毫者である故金子兜太先生、そして昭和俳句弾圧事件の犠牲となった俳人達のために黙祷を捧げた後、碑文を朗読し、一年の間に出来た「檻の会」・「平和の俳句」投句箱の秀句読み上げました。
Un an deja a passe depuis l'inauguration du monument aux poetes de haiku persecutes pendant la Seconde Guerre mondiale.... Petite fete de commemoration aujourd'hui avec feu de joie !
e0375210_22321645.jpg

先生のための抹茶と羊羹も供えました
(梨本洋子さん、ありがとう!)


e0375210_22393113.jpg

その後、「信濃デッサン館」第40回「槐多忌」恒例の焚き火と法要が行われました・・・
(今年が最後の槐多忌」となりました)
炎を見つめながら、石碑の前で朗読した兜太先生の名句を思い出しました:
「佐義長や武器という武器焼いてしまえ」(金子兜太)、、、
感無量の一日となりました。

e0375210_22362109.jpg

次回の「檻の会」は、
3月31日です!奮ってのご参加をお待ちしています☆

*「檻の会」のお知らせ
毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます

内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)

場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)

時:  毎週第四日曜日14:30~16:30
月31日(特別に第5日曜日)、4月28日、5月26日、、、)

参加費:1,000円(予約不要)

交通: 行き:13:51(上田駅・上田電鉄)-14:12(塩田町駅)    
    帰り:16:50(塩田町駅・上田電鉄)-17:13(上田駅)
※塩田町駅から俳句館までは徒歩約35分。

お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/

ご来館の際、ぜひ隣の「無言館」受付にお願いして「檻の俳句館」の鍵を開けてもらうようにご依頼ください。

# by showahaiku | 2019-02-24 22:45 | Comments(0)