*「檻の会」のお知らせ
毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます
奮ってのご参加をお待ちしております☆

内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)

場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)

時:  毎週第四日曜日14:30~16:30
1月27日、2月24日は「槐多忌」と共催月31日、、)

参加費:1,000円(予約不要)

交通: 行き:13:51(上田駅・上田電鉄)-14:12(塩田町駅)    
    帰り:16:50(塩田町駅・上田電鉄)-17:13(上田駅)
※塩田町駅から俳句館までは徒歩約35分。

お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/
*講演などのお知らせ

「東京藝大と憲法を考える会」シンポジアム2月16日(土、14:00)
「昭和俳句弾圧事件と九条俳句訴訟」↓
e0375210_16104773.jpg

e0375210_17241552.jpg
*記事など


2019年1月6日付の「朝日新聞」(全国版、3面)で、「俳句弾圧不忘の碑」と「檻の俳句館」を取り上げて頂きました。
(戦時中の弾圧のあり方と、現代の外国人労働者の問題を同じく、日常における人権の問題として捉えていました)





天気図に縦縞(たてじま)が並ぶとき、季節風は雪を降らせて山を越え、関東平野で空(から)っ風になる。去年の師走の一日、吹いてくる風に向かうように列車に乗って、長野県の上田市を訪ねた。

 関東の冬晴れが、軽井沢を過ぎるあたりから雪催(もよ)いになった。故・金子兜太さんが揮毫(きごう)して昨年2月に除幕された「俳句弾圧不忘の碑」は、冬枯れた丘の木立の中に静かに立っていた。

 俳句弾圧とは、時局にそむく作品をつくったとして、1940年代に治安維持法違反容疑で俳人が相次いで捕らえられた事件をいう。「不忘の碑」の説明文によれば少なくとも44人が検挙された。

 碑には弾圧を受けたうち17人の句が刻まれている。その一人、渡辺白泉(はくせん)は今月30日が没後50年の命日になる。白泉の名は知らなくても、この句は知っているという人は多いのではないか。

 〈戦争が廊下の奥に立つてゐた〉

 いつしか忍び寄ってきた戦争が、気づけば暗がりにぬっと立っている。戦慄(せんりつ)的な暗喩の句は、昭和の戦争のイメージを呼び覚まして不朽である。

 もう一つ、応召して水兵になった横須賀海兵団時代の句も忘れがたい。

 〈夏の海水兵ひとり紛失す〉

 海に落ちるかして水兵が行方不明になったのだろう。それを「紛失」と表すことで、人がモノのように扱われる非情さを万の言葉にも増して暗示する。

 去年の秋以降は、国会の審議にこの一句を思い出すことが多かった。

    *

 外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法の改正は、粗雑と拙速をきわめる審議に終始した。新たな法には、自分がそうしろと言われたら耐えられないようなことを、他人(外国人)には求める冷ややかさが垣間見えている。

 たとえば「特定技能1号」という在留資格ができた。これによって、5年の技能実習を終えてさらに5年、最長で計10年日本で働くことができる。しかしその間、家族の帯同は禁じられる。あまりに酷な扱いではないだろうか。

 そもそも今ある技能実習制度が、安価な労働力を確保するための「悪(あ)しき仕組み」になっていないかと指摘されて久しい。低賃金や労働環境のつらさのために失踪する実習生は後を絶たない。

 国会審議の過程で、凍死、溺死(できし)、自殺などで3年間に69人もの実習生が死亡していたことがわかった。だが、そのことへの見解を問われた首相は「私は答えようがない」と突き放した。白泉の詠んだ「水兵ひとり紛失す」の非情さが重なるのは、このあたりの政官の姿勢だ。

 時は流れても、人間は絶えず非人間化される危うさの中に生きている。その真実を、兜太さんによる「不忘」の文字は伝えているように思われる。

    *

 「不忘の碑」の隣には「檻(おり)の俳句館」という小さな建物があった。

 事件で検挙された白泉ら俳人の似顔絵や作品を壁に展示し、一人ずつ鉄格子を取り付けて表現や言論への弾圧を「忘れまい」と訴える趣向になっている。

 〈ナチの書のみ堆(うずたか)し独逸(ドイツ)語かなしむ〉は時局に便乗した当時の書店の光景であろう。今のヘイト本を想像させる。句は一本の鞭(むち)のように、作者の古家榧夫(かやお)と檻の中からこちらを見つめている。

 館主のマブソン青眼(せいがん)さん(50)はフランス出身の俳人で長野市に住む。兜太さんを師と仰ぎ碑の建立に尽力した。その人の言葉にはっとさせられる。「上からの弾圧だけではない。下からの弾圧がこわい。まわりの目が気になって、怖くなって、自分の自由を自分であきらめる。自分で自分の檻を作っている」

 大げさな話ではない。職場や地域など日常の中での「空気」の圧力は誰にも経験のあることだろう。政治色を嗅ぎとられる意見や表現は、近年とみに息苦しさが増している。メディアもまた自己規制という「檻」を内部に抱えている。

 碑も館も、ささやかな存在だ。しかし訪ねてみると、それらの句が過去のものではなく、今という時代と深く切り結んでいることに気づかされる。油断してはならない、という声を遠くから聞く。




「無言館ニュース」2019年1月刊行号より、「檻の俳句館便り③」

「檻の俳句館」館主・マブソン青眼のファミリーヒストリーと俳句館の関係についての記事、「信濃毎日新聞」(2018年12月18日付)↓
e0375210_12501655.jpg

traduction d'un article sur Seegan Mabesoone, directeur du Memorial Ori no haikukan, paru dans le "Shinano Mainichi Shimbun" du 18/12/2018 – principal quotidien de Nagano)

--------------------------------
Histoire de famille : un album de photos pour faire la paix.
- pour le pere comme pour le fils, au commencement, il y avait le Cambodge...

Seegan Mabesoone (50 ans, poete de haiku, specialiste de litterature comparee, residant a Nagano) passera la fin de cette annee au Cambodge, pays qui fut autrefois possession francaise et possession japonaise... M. Mabesoone nous explique comment un viel album de photos est a l'origine de ce voyage. Un album de photos que son pere Andre lui a laisse, avant de deceder subitement en septembre dernier. Cet album, Seegan Mabesoone le regardait souvent durant son enfance. Apres les obseques de son pere, il a compris que son desir de vivre en Extreme-Orient venait de la, que l'Histoire de sa famille etait a l'origine de son activite d'aujourd'hui, en tant que poete au service de la paix...

L'album fait environ 30 pages : photos de paysages, de villes apres les bombardements, d'Andre Mabesoone avec son fusil a la main, etc. Au fil de l'album, on sent sourdre une certaine inquietude sous ses traits... Andre etait un ingenieur, il n'etait pas du genre a parler a la legere. Et il ne laissa que quelques commentaires a son fils a propos de cet album.

Il fut envoye en Indochine en 1953, a l'age de 19 ans. Le conscrit conduisait des camions de materiel militaire entre le Vietnam et le Cambodge. Il lui arrivait de devoir passer par des zones non-securisees, ou il pouvait essuyer des tirs de la guerilla. Son service militaire, qui aurait du durer 1 an, fut prolonge a 2 ans et 8 mois.

La Peninsule Indochinoise, meme apres le retrait des troupes francaises, vecut de longues annees d'instabilite, avec la guerre de Vietnam puis la guerre civile au Cambodge. Seegan Mabesoone, pendant ses annees de college, s'interressa a cette periode de l'Histoire, et crea un club Unicef pour recolter et envoyer des fonds aux refugies de la guerre civile du Cambodge. Ensuite, au lycee, Seegan Mabesoone emit le desir de devenir “un pont vers l'Extreme-Orient” en allant passer un an dans un lycee japonais. Sa rencontre avec la poesie japonaise, le haiku, fit de lui un chercheur en litterature japonaise, et il vit depuis au Japon.
---------------
La passion de Seegan Mabesoone pour le Japon ne fut pas vraiment partagee par son pere Andre. Lorsque, a la suite de l'accident nucleaire de la centrale de Fukushima, en 2011, Seegan publia plusieurs recueils de haikus qui s'opposaient au nucleaire, lorsque celui-ci participa activement a des manifestations antinucleaires, le pere, naturellement, s'inquieta de la position de son fils dans ce pays lointain. D'apres Seegan, la premiere fois que son pere lui a dit : “Je suis fier de toi”, c'est quand il reussit a eriger une stele a la memoire des poetes de haiku persecutes pendant dans la Seconde Guerre mondiale et qu'il fut nomme directeur du memorial adjacent (a Ueda, pref de Nagano). Sans doute partageait-il en son for interieur ses sentiments, son combat pour la paix et la liberte d'expression. En effet, dans ce memorial dedie aux poetes pacifistes japonais des annees 40, Seegan Mabesoone presente l'Histoire de la guerre en Extreme-Orient et organise des reunions poetiques sur le theme de la paix.

Seegan Mabesoone a vu son pere pour la derniere fois en aout 2018. Enfants et petits enfants s'etaient rassembles pour feter avec un peu d'avance son 85eme anniversaire, prevu pour le 13 septembre. Apres le repas, tout le monde entonna la chanson “Imagine”...
Onze jours plus tard, le 2 septembre 2018, Seegan, a peine rentre au Japon, apprend la deces subit de son pere. Il retourne immediatement en France. Et, sur l'etagere de son domicile, il voit que son pere avait mis bien en evidence la carte du Memorial des poetes de haiku persecutes pendant la Seconde Guerre mondiale (Ori no haikukan). Il se rappelle que la chanson de John Lennon “Imagine” fut composee contre la guerre du Vietnam. Et il se dit : “Mon pere ne le disait pas forcement, mais je suis sur qu'il regrettait tout ce qu'entraina cette guerre”...
-----------
Sur l'etagere, juste a cote de cette carte, il y avait l'album d'Indochine. Seegan decide de le ramener au Japon. Il y voit la raison profonde pour laquelle il a decide de vivre au Japon, la raison pour laquelle il se bat aujourd'hui pour la paix au Japon. Il ressent que, lui aussi, a ete en quelque sorte “determine” par cet ”inconscient famillial” qui sommeillait au fond du coeur de son pere.
“Je pense que mon pere garda toute sa vie le souvenir de cette guerre et, peut-etre, cette experience explique son manque de facilite a communiquer ses emotions par la suite, par exemple le fait qu'il avait du mal a dire “Je t'aime” a ses enfants et a sa femme - ma mere, dont il a divorce ensuite... Quelque part, je me suis construit avec, et en reaction a cette histoire.”

Pour cette raison, Seegan Mabesoone insiste aujourd'hui sur l'importance de “l'Histoire des familles” : “Je pense qu'il est essentiel de comprendre et de transmettre ce qu'ont vecu nos propres peres, nos propres grands-peres. Ceci est le meilleur moyen pour donner aux generations suivantes la force de resister aux injonctions selon lesquelles telle ou telle guerre est “inevitable”, et aussi ceci nous donne le courage de faire face aux difficiles bouleversements que nous connaitrons sans doute dans les prochaines annees...”.

Seegan se rend au Cambodge avec son epouse et sa fille, qui est encore une ecoliere. Ils marcheront sur les traces de son pere, en suivant l'album, entre autres sur les sites historiques d'Angkor. Aussi, ils ont prevu de visiter une ecole primaire du pays. La, Seegan montrera aux enfants cambodgiens son viel album, il parlera avec eux de la guerre, de la paix... il nous a dit qu'il presentera aussi ses excuses au nom de sa famille.



パリの日本語新聞「OVNI」(2008年12月15日発行号)↓
e0375210_16110321.png
全ページPDFダウンロードHP↓





[PR]
# by showahaiku | 2019-01-06 11:56 | Comments(0)

本日、ささめ雪のち晴れの上田市にて、「檻の俳句館」(「無言館」敷地内)第9回の例会「檻の会」が開かれました。以下、集まった作品の中から最高点句7句を添付致します↓

「檻の会」 二〇一八年十二月十六日(二点以上◎)

e0375210_21233674.jpg


海を殺し心を殺し土砂投入  
奥村和子(長野市)


e0375210_21452604.jpg


虐殺のさなか浮かれてパレードかな  宮澤正光(松本市)


e0375210_21202975.jpg

電飾にがんじがらめの冬木かな  奥村和子(長野市)

e0375210_21191073.jpg

虫の声大きく吸いて介護する  小野千鶴(長野市)


e0375210_21223098.jpg

癩という天の職背負い山に眠る  門屋和子(上田市)

この出会い湧きあがる想い俳句会  伝田明子(上田市)


e0375210_21173595.jpg

監房の慟哭に似し虎落笛  門屋和子(上田市)

e0375210_21244637.jpg


*今後の「檻の会」のお知らせ

毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます奮ってのご参加をお待ちしております☆
内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)
場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)
時:  毎週第四日曜日14:30~16:30
1月27日、2月24日は「槐多忌」と共催、3月31日、、、)
参加費:1,000円(予約不要)
交通: 行き:13:51(上田駅・上田電鉄)-14:12(塩田町駅)    
    帰り:16:50(塩田町駅・上田電鉄)-17:13(上田駅)
※塩田町駅から俳句館までは徒歩約35分。

お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/


[PR]
# by showahaiku | 2018-12-16 21:29 | Comments(0)

本日、まぶしい小春日和に恵まれ、「檻の俳句館」(長野県上田市「無言館」敷地)にて、第8回の例会「檻の会」が開かれました。以下の集まった句々を添付致します↓

e0375210_22012057.jpg

「檻の会」 二〇一八年十一月二十五日(二点以上◎)

環状線そろそろ間近亡国駅   宮澤正光(松本市)

根っこはな 飢えてる時ほど しっかりはるんだ  伝田明子(上田市)

e0375210_22031894.jpg

日本という広い刑務所日向ぼっこ  マブソン青眼(長野市)

e0375210_22081558.jpg


チラチラと上着の裏地明治の柄  宮澤正光(松本市)

e0375210_22060883.jpg

文明崩壊を見るかもしれぬ子猫かな  マブソン青眼(長野市)


「平和の俳句」投句箱より(十一月分、最高点句三句)

霜踏んで弾圧不忘の碑をなでる  前田八世位(愛知県)

e0375210_22050084.jpg


無念なり落葉ふりつみ無言館  畠中耕(埼玉県)

熟柿の朽ちても赤き思いかな  鈴木隆一郎(京都市)


*次会の「檻の会」のお知らせ

毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます
奮ってのご参加をお待ちしております☆
内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)
場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)
時:  毎週第四日曜日14:30~16:30
   (12月は例外的に16日、1月27日、、)
参加費:1,000円(予約不要)
お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/
e0375210_22152949.jpg

[PR]
# by showahaiku | 2018-11-25 22:18 | Comments(0)

本日、爽やかな秋晴れに恵まれ、「檻の俳句館」(長野県上田市「無言館」敷地)にて、第7回の例会「檻の会」が盛大に開かれました。

e0375210_23013326.jpg

句会の参加者は12名で、はるばる神奈川県や大阪府からお越しになった方もいました。
※当日撮影された「俳句弾圧不忘の碑」&「檻の俳句館」紹介+「九条俳句」応援のビデオ・メッセージ↓



また、今月の「平和の俳句」投句箱には、なんと29句も入っていました。

皆様に心から謝意申し上げます、、、次会は11月25日と12月16日です☆

以下、句会と投句箱の高点句です!


「檻の会」 二〇一八年十月二十八日(三点以上)

どんぐりが踏まれては自己責任論  マブソン青眼(長野市)

e0375210_23041568.jpg

やんわりと沁み入る冬日「不忘の碑」 高橋佳代(平塚市)

e0375210_23045272.jpg


そちこちに昭和の名残り不発弾  宮澤正光(松本市)

檻抜けて詩歌は自由天高し  花岡昭三(長野市)

e0375210_23024160.jpg

凄まじき咎なくて死す園(らいえん)の魂(こん)  門屋和子(上田市)

草の実つけて猫も来(く)檻の俳句館  大谷景子(上田市)

e0375210_14365310.jpg
電話ボックスの四角の跡や十三夜  池田節子(長野市)


「平和の俳句」投句箱より(十月分、最高点句六句)


絵具乾かぬまま出兵す夏の朝  愛

戦犯を英霊と呼ぶ秋思かな  寺田恭子(富山県朝日町)

不忘の碑の木々に見守らる 古澤典子(富山市)

e0375210_23073529.jpg

すがれ鳴く虫よ我らも檻の中 澤浦和美(さいたま市)

e0375210_23095057.jpg

大花野死ぬ気しないと言ったのに 河西志帆(上田市)

蝗群れ俳句弾圧不忘の碑 窪田(横浜市)


[PR]
# by showahaiku | 2018-10-28 23:10 | Comments(0)

*「檻の会」のお知らせ
毎月第四日曜日、「檻の会」を開きます
奮ってのご参加をお待ちしております☆

内容:マブソン青眼と”平和の俳句”や“自由なお話”ミニ句会(希望者は1句持参)

場所:「無言館」近く「檻の俳句館」(「俳句弾圧不忘の碑」横)
   (住所:〒386-1213 長野県上田市古安曽3478「槐多庵」内)

時:  毎週第四日曜日14:30~16:20
   (10月28日、11月25日、12月は例外的に16日、、、)

参加費:1,000円(予約不要)

交通: 行き:13:51(上田駅・上田電鉄)-14:12(塩田町駅)
    14:12(塩田町駅からバス)-14:19(無言館)     
    帰り:16:31(無言館からバス)-16:39(塩田町駅)
    16:50(塩田町駅・上田電鉄)-17:13(上田駅)
※バスは4月から11月までのみ運行。塩田町駅から俳句館までは徒歩約35分。

お問い合わせ:026 234 3909(tel&fax) 090 2481 5935
〒380-0845 長野市西後町625-20-304 「昭和俳句弾圧事件記念碑の会」マブソン
電子メール: showahaiku@yahoo.co.jp
ホームページ: https://showahaiku.exblog.jp/
*講演などのお知らせ
e0375210_08031319.jpg


e0375210_08084922.jpg


*9月23日、「檻の俳句館」で開かれた対談「金子兜太を語る」(窪島誠一郎×マブソン青眼)の録音
(53分、最後は質疑応答が途中で切れています)



*記事など

「山梨日日新聞」「風林火山」(1面)↓
e0375210_16413930.jpg
「無言館ニュース」2018秋冬号「檻の俳句館便り②」↓


「信濃毎日新聞」2018/9/17↓
e0375210_08051454.jpg
e0375210_09570027.jpg

10月8日、富山県を拠点とする俳句結社「森」の皆様に来て頂きました。その時の吟行句を掲載致します。ご来館、そして素晴らしい句々、本当にありがとうございました!
e0375210_09552340.jpg




[PR]
# by showahaiku | 2018-10-19 08:11 | Comments(0)